2015年07月07日

超高出力レーザーポインター


確かに強力レーザーポインターが引き起こした事故や事件が日本でもありましたが

でも、本当はすべてレーザーポインターのせいか?

実は、そのほぼ100%は明らかに間違った使い方による事故、若しくは悪意に満ちた事件なのですさて、どの様な使い方は『レーザーポインターの危ない使用方法』なのか、今度は事例から解いて説明していきます。そしてその小学生の間では、レーザーポインターを間近で直視して何秒間目を閉じないでいられるかの争い、いわゆる『我慢比べ』的な遊びも流行った様です。結果的に「我慢強かった」小学生が案外に網膜に大きな消えない損傷を受けてしまったのです


LEDライト付き 緑レーザーポインター

だから、レーザーポインターが小学生が届かないところに置くべきです

もちろん、今ガチャガチャ売られている安いレーザーポインターが一杯ある、玩具っぽくて安全保障がないです

こんなレーザーポインターもご購入しないほうがいいと思います,レーザーポインターで他人の目を狙った嫌がらせ

レーザーポインターを何度も眼に射されると、眩しいと言うことだけでなく苛立つち募ります

スポーツの試合中に相手チームを邪魔する為に、選手の目を狙ってレーザーポインターを照射する事件もあります


ガラスの向こう側への指示が必要なシーン

ガラスの厚みに因り屈折や反射もありますが、ガラスの向こう側を指示できるのもレーザーポインター グリーン 激安しかありません。

但しこの場合は、反射光が目に入らない様に注意してください。照準・位置出しが必要なシーン

レーザーポインターで非接触で照準を合わせれば、簡単な位置出しのシュミレーションが出来ます。

また一般のレーザーポインターでは出来ないですが、線上のビーム形状があれば墨出し(水平や垂直の位置出し表示)をさせる事も可能です。

例)フォークリフト、建築現場、室内のレイアウト作成、展示会などでのパネルの掲示


信頼レーザーポインター


一般的にプレゼンターは少なからず緊張している為、少しの手振れでもスクリーンが遠くなればスクリーン上では大きな動きになってしまいます。中にはずーっと付けっぱなしで喋るプレゼンターもいます。見ている方は常時激しい動きの軌跡を追い続けてしまう為、話に対する集中力も無くなり、目の緊張が続きとても疲れてしまいます。レーザーポインターなどは特に、視認性が高い為チラチラと動かし過ぎの場合、見ている方はとても目が疲れます。

人間の目は動くモノに敏感に反応しますので、見なければならないファイルの文章や画像では無く、レーザーポインターカラス 撃退 の照射された軌跡自体に気が行ってしまいます。

また付けっぱなしで身振り手振りが始まると、レーザー光が他の人の目に入ってしまう危険性もあり良い事は一つもありません。目が疲れる → しかも見なければいけないモノに目が行かない → 不快な思いだけで聞いた価値が無い

これでは何の為のツールかわかりません。じゃあ、どう使えばいいのでしょうか?そこでここでは、レーザーポインターを使用する上での基本的な3つのポイントを考えてみましょう。


http://color.toma.jp//blog/50huakaijia/?date=20150706


http://huakaijia.jimab.net/e1053207.html


http://dora12.net/modules/userblog/details.php?bid=1858





Posted by 50huakaijia at 19:31│Comments(0)
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。